福利厚生について

充実の福利厚生が社員を支える。

食事提供サービスはチームワーク。先輩後輩社員や調理スタッフとのスムーズな連携プレーを実現するには心の交流も大切です。家族的な社風を大切にする富士産業では、研修会や研修旅行のほか、いろいろな行事や親睦会をとおして仲間とのコミュニケーションをはかっています。会社は手厚い福利厚生制度で従業員の交流の輪を、生活でバックアップします。

各種制度

従業員をトータルで支える各種制度。
スタッフの努力とともに、それをバックアップする制度を整えています。

  • 親睦会

    パートを含む全従業員参加の親睦団体。
    会員相互の慶弔、観劇、バス旅行、食事会などの
    親睦活動を行います。

  • 表彰制度

    目標達成、努力の著しい者、模範栄養士、優良社員、衛生管理優秀事業所の表彰(年2回)、永年勤続表彰、功労表彰などがあります。

  • 寮・社宅制度

    業務上の必要で転勤となった社員には、勤務先の最寄りの民間アパートなどを会社名義で借り上げ、貸与する借上寮や社宅制度があります。 家賃の約7割を会社が負担します。

  • 帰省交通費全額支給

    入寮者を対象に年2回、実家に帰省するための往復交通費を全額支給します。

  • 自動車保険料
    補助制度

    福利厚生の一環として、従業員個人使用の自動車保険料を一部補助する制度があります。

  • 従業員持株会

    従業員の財産形成と福利厚生の充実を目的に発足された会です。入会すると会社から奨励金が毎月支給され、配当金も得られます。

育休・子育て

富士産業の女性従業員の割合は約8割。当然、産前産後休暇、育児休業の制度も完備しています。
育児休業後は短時間勤務の正社員への変更やパートへ雇用形態の変更もできますので、社員のライフスタイルや働き方に柔軟に対応しています。結婚・出産を機に退職される方もいますが、
生活が落ち着いた段階で希望すれば再就職も優先的に受け容れています。

出産・育児に関する諸制度
産前産後休暇・2年まで育児休暇・3年まで育児のための短時間勤務制度・小学校卒業まで選定正社員制度

選定正社員制度とは?

育児や介護の事由により勤務時間、勤務地などを限定して勤務できる制度です。
平成26年10月に発足し、平成30年8月現在で122名の取得実績があります。

育児休業取得について

平成29年度は、143
育児休業を取得しました。

毎年多くの社員が産休・育休を取得し、働く場所や時間など
個人にあったワークスタイルを考慮したうえで、職場に復帰しています。

REAL VOICE

仕事中は、自分が自分でいられる貴重な時間。
多くの女性に出産後も仕事を続けて欲しい。 東京事業部/サブチーフ/管理栄養士 平成19年度入社

現在、2人の子供の育児をしながら時短勤務で仕事を続けています。仕事内容は周囲の方と大きくは変わりません。献立作成、食材の発注、材料管理などの栄養事務と調理、盛り付け、配膳チェック、洗浄、下処理などの厨房業務を行っています。
仕事中は自分が自分でいられる貴重な時間です。ですから多くの女性に出産後も仕事を続けてほしいと思っています。仕事と育児の両立をするためには会社選びも重要なため、就職活動をする際にはぜひポイントにしてください。