エントリー
会社について
  • 社長からのメッセージ
  • 求める人物像
  • 事業フィールド
  • 数字で見る富士産業
医療・介護・福祉分野でのパイオニア企業
社長からのメッセージ
富士産業(株)は昭和47年の設立以来、一貫して医療・介護・福祉分野を中心に食事サービスを提供してきました。その間、度重なる法律や制度の改正など、業界を取りまく環境は大きく変化しましたが、時代のうねりの中にあっても、当社は柔軟で的確な対応によって成長を続け、現在、お得意先は約2100カ所に上ります。

当社事業の原点は、実際にお食事を提供している現場(事業所)にあります。その中核を担っているのが、高いプロ意識と広い視野を持った、管理栄養士、栄養士、そして調理師です。当社では多様化する利用者様やお得意先のニーズに十分に応えることのできる人財を育成するために、体系化された教育・研修制度を実施しています。その結果として、当社のスタッフは常に高い評価を得ており、それが最大の強みともなっています。

高齢社会を迎えた我が国では、病院や施設、在宅における食事サービスのニーズはさらに高まってまいります。こうした時代の要請に応えるためには優れた管理栄養士、栄養士、調理師の存在が不可欠です。求められる専門性は高く、習得すべき知識や経験は多岐に渡りますが、それは充実した毎日を過ごすことのできる職業の証でもあります。

私は、仕事には常に「熱意」を持ってチャレンジし続ける気構えが必要であると考えています。何事にも失敗を恐れず、貪欲な気持ちで前に進んでください。そして、熱い思いに燃える皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。
求める人物像

医療や介護、福祉の分野で食事サービスを提供する富士産業では、栄養士や調理師の資格と専門技術だけでなく、チームの一員として力を発揮するために次のような人財を求めています。

ライン

どんな職種でも、社会人としてまず求められるのは明るさです。職場はお客様と接する真剣勝負の場。プロの顔にならなくてはなりません。私たちは笑顔であいさつができる元気あふれる人財を求めています。また、同僚や上司、お客様や利用者様の言うことによく耳を傾け、自分の意見をはっきり伝えるコミュニケーション力を身につけるよう努力する人財を求めています。

ライン

社会人になっても勉強は続きます。栄養指導や保健指導に関心のある方は、事業所で食事サービスの提供に従事しながら管理栄養士の資格取得をめざし、経営管理やマネジメントに取り組みたい方は管理能力を伸ばして総合職をめざし、調理技術を極めたい方は毎日コツコツと腕を磨いてスペシャリストをめざします。どんな方向であっても、向上心をもって前向きに勉強を続ける人財を求めています。

ライン

富士産業の職場の多くは病院や福祉施設、学校や企業などです。病気と闘っておられる方、心身が不自由な方、安全で豊かな食育を必要としている小さなお子様などが、私たちのエンドユーザーです。とくに病院や介護福祉施設では365日休むことなく心のこもった食事サービスを提供する必要があります。私たちは「喫食者の身内のつもりになって」という当社の理念を共有できる、あたたかい人財を求めています。

ライン
トップバック