求める人物像

HOSPITALITY FOOD: 喫食者以上に、喫食者のことを考える食事を。

富士産業の求める人物像

医療や介護、福祉の分野で食事サービスを提供する富士産業では、
栄養士や調理師の資格と専門技術だけでなく、
チームの一員として力を発揮するために次のような人財を求めています。

  • POINT 01 POINT 01

    明るく、元気に、笑顔で挨拶できる方

    どんな職種でも、社会人としてまず求められるのは明るさです。
    私たちの仕事は食事を召し上がっていただいて元気になっていただくこと。
    私たちはいつでも笑顔であいさつができる元気あふれる人財を求めています。

  • POINT 02 POINT 02

    向上心を持って前向きに取り組む方

    社会人になっても勉強は続きます。栄養指導や保健指導に関心のある方は、事業所で食事サービスの提供に従事しながら管理栄養士の資格取得をめざし、経営管理やマネジメントに取り組みたい方は管理能力を伸ばして総合職をめざし、調理技術を極めたい方は毎日コツコツと腕を磨いてスペシャリストをめざします。どんな方向であっても、向上心をもって前向きに学ぶ姿勢を持ち続ける人財を求めています。

  • POINT 03 POINT 03

    医療や福祉に関心のある方

    富士産業の職場の多くは病院や福祉施設、学校や企業などです。病気と闘っておられる方、心身が不自由な方、安全で豊かな食育を必要としている小さなお子様などが、私たちのエンドユーザーです。特に病院や介護福祉施設では365日休むことなく心のこもった食事サービスを提供する必要があります。
    私たちは「喫食者の身内のつもりになって」という当社の理念を共有できる、気持ちのあたたかい人財を求めています。